監理技術者のことについて

監理技術者テク

監理技術者は日本の建設現場の技術水準を保つために必要な存在です。

監理技術者のことについて

監理技術者というのは、日本の建設現場の技術水準を保つために、外注総額3000万円以上となる工事の場合それぞれの現場に配置される人です。

監理技術者とは監理技術者資格者証と監理技術者講習修了証を所持しているだけではなく、監理技術者が必要な現場に配置できる技術者や各工事に監理技術者として配置されている技術者のことをいいます。

監理技術者になるには一級建築士や級建設機械施工技士、1級土木施工管理技士などの1級国家資格者、大臣特別認定者、実務経験者であることが必要です。

そんな監理技術者はどのような仕事をするのかと言えば、農業エンジニアリング会社、水処理プラントエンジニアリング会社、ガスエンジニアリング会社、重工メーカー、ゴミ焼却エンジニアリング会社などがあります。

監理技術者として働くためには、施工管理や設備保全、設計などに関連する求人を専門的に取り扱っている求人サイトを利用して探すといいでしょう。

今日本では多くの現場で監理技術者が求められています。

安定した仕事に就きたい、資格や経験を活かして働きたいなど監理技術者として働くための支援を完全無料でサービスを提供してくれるサイトもありますので活用してみてください。

※参考サイト・・・「監理技術者ガイド

ソーシャルボタンsnb

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめリンクlink

福島地区電気工事協同組合
監理技術者テク Copyright (C) www.miraysdream.com. All Rights Reserved.